経営者が出雲大社に行くべきは11月!神さまが出雲に集まるのでご利益大!

izumo-shrine

経営者を中心に占いをしている瀧上阿珠(たきがみ あじゅ)です。

 

10月は神無月と呼ばれる理由を知っていますか?

 

神無月に全国の神々が出雲の国に集まります。

 

そのため、出雲以外に神さまいない状態となるので、神無月と呼ばれているんです。

 

実際、出雲では、神々が集まるので「神在月」と呼ばれています。

 

旧暦の10月が現代の11月にあたるので、今では11月に神無月の神事を行っています。

 

今日は、11月に出雲に神さまが集まる理由と出雲大社でのご利益について紹介します。

 

11月の神在月しか手に入らないお守りも販売されるので、ステージアップを図りたい経営者の方はぜひ行かれてください。

 

 

どうして11月に神さまたちは出雲へ集まるの?

大国主大神が天照大神に「国譲り」をした際に、

 

「私の治めていますこの現世(うつしよ)の政事(まつりごと)は、皇孫(すめみま)あなたがお治めください。これからは、私は隠退して幽(かく)れたる神事を治めましょう」

 

と伝えたと「古事記」に記されています。

 

「国譲り」をした大国主大神は、「この国はあなたの孫に譲り、私は常世に行くとしましょう。しかし、年に一度出雲の地へ神々を呼び寄せて来年の重要事項を話し合います。その議長は私が勤めます」と言ったわけです。

 

そのため出雲の地に神々が11月になると集まり、話し合うようになったというわけです。

 

出雲大社で行われる神事とは?

神々が集う出雲の各神社では、

 

「神迎祭(かみむかえさい)」

で始まり

「神在祭(かみありさい)」

「神等去出祭(からさでさい)」

で全国の神々をお見送りします。

 

View this post on Instagram

A post shared by nao (@n.aqua3) on

神迎神事・神迎祭 2018年年11月17日(土)19時~

View this post on Instagram

A post shared by Ado Udp (@masahikohigashi) on
出雲大社の西方にある稲佐の浜で、神迎神事(かみむかえしんじ)が行われます。

 

これは、龍蛇神の先導の元、八百万の神々が出雲の稲佐の浜にお着きになるので、お迎えする神事です。

 

その後、出雲大社神楽殿において「神迎祭」が執り行われ、遠路はるばる来られた神々をもてなします。

 

これが終わると、ようやく神々は旅(宿)社である東西の十九社でお休みになるんです。

 

この神事は一般の方も参列できます。

 

神事の中には神社関係者で行うものもあり、それは一般の方は参列できないのでご注意くださいね。

 

瀧上の豆知識
神迎神事を行う稲佐の浜には、神様の通り道にワラで作られた敷物が敷いてあります。神さまの通り道を示すものですので、くれぐれもこの上は歩かないようにご注意ください。

 

神々を先導する「龍蛇神」は繁栄のご利益がある

神々の先導の龍蛇神は、豊作や、豊漁・家門繁栄などのご利益があります。

 

神迎祭終了後には特別拝礼、さらに神在祭期間中にも八足門内廻廊に龍蛇神が御祭りされるため、参拝が可能です。

 

この期間だけの御祭りになりますので、是非ご参拝ください。

 

神在祭 2018年11月18日(日)・22日(木)・24日(土)

全国の神々は旧暦10月11日から17日まで7日間、来年のことや人の縁に関わることなどを出雲大社の摂社「上の宮(仮宮)」で、神議り(かむはかり)にかけて決められるといわれています。

 

神々が滞在される7日間、御宿社(神々が宿泊する宿)となる出雲大社御本殿の両側にある「十九社(じゅうくしゃ)」でも連日お祭りが行われます。

 

このお祭りは、神社関係者のみで行われるものなため、一般の方は参列できません。

 

神々の会議場、出雲大社の摂社「上の宮」に参拝する

神在祭の期間中は出雲大社の摂社「上の宮」で、来年のことや人の縁に関わることなどの話し合いが行われています。

 

そのため、この期間中に「上の宮」を参拝して、お願い事をすることでたくさんの神さまに話を聞いていただくことが可能。

 

せっかくの機会なので是非ご参拝ください。

 

献穀祭・臨時縁結大祭 2018年11月23日(金)

View this post on Instagram

A post shared by haku (@haku00001) on

大国主大神は「縁結び」の神さまとしても有名な神さまです。

 

そのため、この時期には人々の「縁結び」についても話し合われると言われています。

 

「縁結び」の話し合いをしている神々に直接、縁結びの直談判ができる機会がこの神事というわけです。

 

参加するためには、出雲大社への事前申込が必要です。詳しくは出雲大社のWebサイトをご確認ください。

 

 

神等去出祭(からさでさい) 2018年11月24日(土)

View this post on Instagram

A post shared by Yoko.Y (@thiida1226) on

八百万の神々に出雲からのお立ちの時が来たことを奉告する神事が「神等去出祭(からさでさい)」です。

 

神主さんが門の戸を梅の小枝で「お立ち」と三度唱えながら叩く特殊な所作をします。

 

この瞬間に神々は出雲大社を去られるのだそうです。

 

瀧上の豆知識
神々のお立ちの夜、地元では境内を覗いたり、外出したり、大声を出したりすると神罰があたると恐れ慎み、寝床について静かに神々をお送りする風習が伝えられています。もしも、この日に出雲に行かれる際にはご注意くださいね。

出雲大社には神在月のみ販売されるお守りがある

神在月には期間限定で販売される「神在祭御守」というお守りがあります。

 

View this post on Instagram

A post shared by ももいろいちご(moenail) (@momoiroichigo06) on

このお守りは、開運と厄除けに効果がありますので、

 

  • 難を除けてくれる
  • 嫌な人を遠ざけ、良い人を引き寄せる
  • 難しい商談も上手くまとまる
  • ピンチをチャンスに変えられる
  • 物事がスムーズに流れやすくなる

 

というようなご利益がありますから、特に経営者の方は、授与されると良いでしょう。

 

「お守り」は持ち歩くことで効果が出ますので、授与されたらカバンなどに入れて持ち歩くようにしてください。

 

効果は1年間ですので、1年経ったら出雲大社にお返しするか、行けない場合は近くの神社の「古札入れ」に納めるようにしましょう。

 

瀧上の豆知識
「お守り」は神さま仏さまが「1年間だけ私の力をこのお守りに宿してあげよう」と約束して力を入れてくれているものになります。神さま仏さまは約束に厳格なので、1年を過ぎたら「お守り」の効果は無くなってしまうんです。
それをそのまま持ち続けていると、邪気が溜まっていくので運気が下がる原因になります。古いお守りやお札は必ず神社やお寺の「古札入れ」に納めるようにしましょう。

 

厄除け開運に効果がある「神在餅(じんざいもち)」を食べる

View this post on Instagram

A post shared by 古屋陽子 (@furuya1308) on

出雲では神在祭のとき、「神在餅(じんざいもち)」を振舞っていました。

 

その「じんざい」が訛って伝わり、「ぜんざい」になったのだと言われています。

 

神在祭の時期は、小豆雑煮を作り、屋敷内の祖霊社、稲荷社、邸内の歳神にお供えしているのだそうです。

 

じつは、小豆は「魔除け」効果がある食べ物として、古来より災いや病気を避ける厄払いに使われている開運フード!

 

神在祭の時期は、全国の八百万の神々が出雲の地にいらっしゃる特別な期間ですから、その時期に「ぜんざい」を食べることで「難を除けて運を開く」効果が期待できます。

 

是非、この期間に出雲へ行かれた際には「ぜんざい」もお召し上がりください。

【完全無料】鑑定歴14年の占い師がそっと教える成功をつかむ開運メール講座

会社をもっと大きくしたい!

経営を安定させたい!

海外に展開していきたい!

新しい事業を始めたい!

 

そんな時に、、一気に成功を掴んいく人がいますよね。

一気に成功していく人は、日頃から運を増やす方法を無意識に行っています。

鑑定歴14年の結果わかった

●運が良く成功する人
●運が無く転落していく人

の違いを延べ30000人の人生に関わった瀧上阿珠がお伝えします。

1日3分読むだけで、運が増えて成功を掴めます。

ぜひご一読ください。

-神社・お寺



Copyright© 瀧上阿珠OFFICIAL WEBSITE , 2019 All Rights Reserved.